鉄分過多

アニメオタクなPCゲーマーが唐突にトライアスロンデビュー 3種目未経験ながら3年目の2017年にKonaスロットを獲得、2018年にIRONMAN KONAを完走。 そんなIRON(鉄分)MAN過多な日記

霞ヶ浦、冬の風向きを考察する

霞ヶ浦一周(通称カスイチ)

多くのビギナーを強烈な向かい風で葬ってきた、とてもサイクリングコースとして誘致するにはちょっと過酷すぎる舞台

 

僕は反時計回りにしか走った事はないし、霞ヶ浦大橋の先を含めた140kmコースも走ったことありません。ですが、毎週通い詰めています。

毎週走ってると分かりますが冬は追い風区間がほぼ無いです。(反時計回りの場合)

特に冬は西風・北風となりこの風向きだと潮来までの区間では斜め前からの横風で追い風にはなりません。

潮来で半周が終わり、そこから霞ヶ浦大橋まではより角度のついた横風でほぼ向かい風。

霞ヶ浦大橋を渡るとおめでとう、真向かい風です。

西風・北風の場合はこんな感じの分布になります。

f:id:tridream:20190105211147j:image

今は天気予報(僕はiOSアプリのYahoo!天気予報)で風向きを調べることができるので、走る前に覚悟を決めていくことが出来ます。

あと風速ですが風速5mを超えるとよほど風に慣れてないとかなりキツイです。

f:id:tridream:20190105211246j:image

昨日、霞ヶ浦に行く際風向きを調べたら東風・南風になっていました。夏は主にこの風向きとなります。

この風向きだと潮来までの半周は横風で、潮来から土浦までのもう半周は追い風になるのでかなり走りやすくなります。

東風・南風の場合はこんな感じ。

f:id:tridream:20190105212005j:image

向かい風から逃げていては速くなれませんが区間ごとの風向きが分かることでペース配分しやすくなるので今より楽に走れると思いますよ。

 

 

おわり